Ger
 
 
 
TOP
 
 
ニュース
 
 
イベント
 
 
ジェーア・ライオンズの人生
 
 
トレーニング
 
 
ワークショップ ガイドライン
 
 
ワークを受けた方々の声
 
 
インスピレーション
 
 
メディア
 
 
Q&A
 
お問い合わせ
 
   
   
 

Join us for a workshop !


Ger

ジェーア・ライオンズの人生

********************************************************************************


幼い頃からジェーアは広がった意識の中で現実を認識していました。


8歳の時、蜂に刺された時の経験から彼のジェットコースターに乗るような人生が始まります。
普遍意識が目覚め、つながった世界を体験し、ヒーリング能力が現れました。


子供の時ジェーアは、すでに多くの啓示を経験しています。


「私たちは皆、同じ意識エネルギーのプールの中を泳いでいる存在で、そのプールの中の一人の行いは、私たちすべてに影響を与える。
私たちはお互いの一部であり、分離は存在しない。」


彼は他人の苦痛を自分自身のものとして経験し始め、それを癒すことへの、深く熱い想いに動かされました。

 


彼の生まれたのは、アイルランド南部のコークです。


10代の頃、東洋の武道を習い始めたのがきっかけで、東洋的治療術への興味が芽生え、後に本格的に中国伝統医学を志しました。


アイルランドの研究機関で鍼治療を学んだ後、中国へ渡り、南京の学院、北京の学院で伝統中医学をマスターします。


その後、中国と内モンゴルの病院数カ所で治療を行い、少林寺気功、太極拳を習得し、指導も行いました。


故郷コークに戻った後、設立した鍼治療のクリニックではアイルランドにおける鍼治療を監督する立場となりました。

 


数年後ジェーアはフィリピン、マニラの研究施設でチョア・コク・スイ師からプラナ・エネルギー・ヒーリングの訓練を受けます。
このマニラで、ジェーアはエーテル手術のリサーチをし、習得、体験しています。

 


彼の学んだヒーリングは広範囲にわたります。


バイオ・エネルギー・ヒーリング、クオンタム・エネルギー・ヒーリング、呼吸法、セイクリッド・タントラなど。
彼はレイキマスターでもあります。


また後年、ホピ族、ナバホ族、チョクトー族に接することで、ネイティヴ・アメリカン・シャーマニズムの叡智を身につけました。

 

彼は父方の家系からケルト民族に先立つドルイドの血を受け継いでいますが、シャーマンの智慧とケルトの伝統は彼の中で融合し、
古代から受け継がれた才能はジェーアの中で開花し、彼の能力は飛躍的に高まりました。

 


1997年初めから、ジェーアは深い浄化のプロセスと修練に入りました。
細胞レベル、遺伝子レベルで自分自身に対しワークを行います。


このプロセスで長年の感情的、肉体的トラウマと固定観念が取り払われました。
このことはジェーアの現実を再び大きく変化させます。


宇宙意識への強力な繋がりが築かれ、深く本質を見抜く力が生まれました。

 


聖なるエネルギーの高次のトランスミッションがおこるようになります。


それは高い意識として彼に流れ込み、内なる光を目覚めませました。


彼の生来の能力は拡大し、更に深いものになったのです。
このトランスミッションはやむことなく、今も続いています。

 


ジェーアは北アイルランドのベルファストに住みワークしたこともあります。


トラウマを抱えた軍事組織の人物に対し、個人、グループでのセッションを行いました。


他にイスラエル、セルビア、スロヴェニア、ガーナ、西アフリカ、ドイツ、英国、アメリカ合衆国、
オースオラリア、ニュージーランドでもワークを実施しています。

 


更にブラジルに於いて、ウムバンダ・トランス・ミディアムと
サイキック・サージャリー(エーテル手術)のリサーチを行い、経験を積んでいます。

 

アイルランド、ロンドン、カリフォルニアでは聖なるチャント、マントラ、ヴォーカル・エクスプレッションも研究しました。

 

チベットのダライラマとのワークの経験もあり、様々な国の政治指導者のスピリチュアル・アドバイザーでもあります。
また、テレビやラジオにも出演し、各国の人道主義フォーラムにも招かれています。

 


何年もの間、ジェーアは「危険に満ちた」人生を送って来ました。
真実を伝え、人々に光と癒し、自由をもたらすために、自分の命も含め、全てを懸けているのです。


権力の濫用や汚職を隠蔽しようとする者たちに、彼の命は何度も脅かされました。
けれど彼は、沈黙することを断固として拒み、屈しませんでした。

 


数年前、彼を黙らせ葬るために、ジェーアに情け容赦ない攻撃が加えられました。
彼は残酷なまでに傷つけられ、恐ろしい拷問と苦痛を経験します。


もだえるような、究極の肉体的、精神的、感情的苦痛を味わいました。
深い傷跡が残り、心身ともに完全に憔悴して行きます。


生きていることに希望はなく、死は祝福だったでしょう。
しかし、彼は生き抜くことを強く望み、蘇りを決意します。

 

悲壮な4年間を経験した後、彼生来の癒しの能力が功を奏し、ヒーラーは自分自身に対して完全なる「癒し」を成し遂げます。


この経験から彼には、信じがたいほどの深い洞察と理解が与えられました。


肉体にトラウマがどう作用するか、身体がそれにどう対処しようとするか、どうすれば癒しが可能なのか、
これらを直に体験することで真の理解を得たのです。

 

彼はこう言います。" Anything is possible "「全てが可能である。」


自身を癒し、命を蘇らせる決意をし、もがき、求める内に、彼は、我々全てにある潜在能力を再認識しました。


「可能性」の真の意味を理解し、トラウマの扉の鍵を開け、自分自身に 「Core Transformation : 根底からの変容」を起こします。


そして、同じように人々を新たなる可能性に導いて行きました。

 

この彼の悪夢を生きた経験は、時を経て、祝福へと、恵みへと変容を遂げました。


彼の意識は広がり、研ぎすまされ、ジェーアのヒーリング能力は飛躍的に伸びて行きます。


彼は古代の変容の秘密を解き明かしたのです。

「痛みを愛に」、「闇を光に」、「鉛を金に」変えるアルケミスト(錬金術師)の力を。

 

「最も深い闇が明るい夜明けへと続きます。」


大きな愛が大きな痛みへと変わる時もあれば、その逆に、大きな痛みが大いなる愛をもたらすこともできます。

 


彼は今、世界を旅し、個人に対して、グループに対してセッションを行っています。

 

人々の癒し、目覚め、成長、夢の実現を願いながら。


全ての人が人生の神秘を体験し、無限の可能性へと開かれるように、ジェーアは自らの生涯と、その天賦の才を捧げています。